HFA

資産運用

一般NISAか?つみたてNISAか?

2021/7/4  

NISAとは少額投資非課税制度のことで、一般NISAとつみたてNISAがあります。 どちらも配当や運用益に税金がかからず、資産形成をする際に有利になります。 一般NISAを使う場合 一般NISAは年間 ...

資産運用

私の投資スタイル

2021/7/3  

人によって投資スタイルは全然異なる 相場に張り付いて日々デイトレードしている人や、 有価証券報告書を読み込んで成長銘柄を探し投資していく人、 毎月コツコツ積み立てていく人、、、 色々なタイプの投資家が ...

資産運用

【投資信託の選び方】インデックスか?アクティブか?

2021/6/23  

投資信託を選ぶとき、インデックスか?アクティブか? どちらがいいか悩ましいところです。 インデックス投資のメリット インデックス投資のメリットは、何と言っても手数料の安さです。 基本的にこれ以外はない ...

所得税 税金

住宅ローン控除の留意点

2021/6/8  

個人が住宅用家屋等を一定の借入金で新築、取得又は増改築等(以下「取得等」といいます)した場合、年末の借入金残高の1%に相当する金額をその年分の所得税額から控除することができるのが住宅ローン控除です。 ...

税金

マイホームを売却した時の税金関係

2021/6/3  

マイホームを売却した時、売却益(売却額ー取得費ー売却費用)が出た時は課税対象になります。 ①税率は所有期間が5年以内なら所得税と住民税の合計で39.63% ②5年超なら20.315% ③譲渡益は最大3 ...

所得税 税金

【節税保険】低解約返戻金の課税問題

2021/5/30  

低解約返戻金の課税問題について 節税保険といえば、2019年2月に事実上廃止した法人の全額損金算入の保険商品が有名です。 法人をマーケットにしている保険会社は、このショックにより業績が著しく悪化してい ...

資産運用

アフターコロナ株式市場を考える【雑感】

2020/5/21  

10年に1度の大暴落。。。アフターコロナ、コロナが収束しつつあるその後どうなるか? コロナショックとリーマンショックの違い コロナショックは10年に1度の大暴落と言われるけど、今から10年前はリーマン ...

所得税

学生の子供が扶養から外れると損する?

2020/5/19  

扶養には、税金の扶養と社会保険の扶養があり、それぞれの要因が異なっています。 税金の扶養?社会保険の扶養?ややこしい。。。 扶養という制度 税金の扶養は12月31日時点で16歳以上の親族を扶養している ...

相続税対策

住宅取得等資金の贈与税の非課税について

2020/5/17  

制度の概要 令和3年12月31日までに、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、事故の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等の対価に充てるための金銭を取得した場合において、一定の要件を ...

資産運用

為替のはなし

2020/5/19  

為替って難しい。。。 円高と円安がまずよくわからない。。。 1ドル100円が120円になったら、円高でしょ?? 100円から120円に上がったから、「えんだか」。。。 汗。。。 まず円高と円安を押さえ ...

資産運用

一括投資がいいか?分散投資がいいか?

2021/5/26  

一括で投資するか?分散で投資するか?どっちが得なのだろうか?  一括で投資するか?分散で投資するか?どっちが得なのだろうか?  結論から言うと、ケースバイケースでどちらもいいところ ...

相続税対策

投資用中古マンションの価格の決め方は?

2020/4/14  

不動産の価格って難しい 確かに色々な評価方法がありますからね。 投資用中古マンションについて 投資用中古マンションについて、東京都の23区の中古マンション価格は2012年末以降、上昇を続けています。 ...

相続税対策

不動産の価格の決め方は?

2020/4/18  

不動産の価格はややこしい! 相続が発生した時の不動産価格、 売却する時の不動産価格、 毎年送られてくる固定資産税の不動産価格、 みんな金額が違うのはなぜか? それは、不動産(土地)の価格は「一物四価」 ...

所得税

扶養で所得税を節税する方法

2020/4/19  

所得税の節税を考える時はまず扶養控除 所得税の所得控除は内容が決まっています。その中で、まず扶養控除をしっかりと確認しておく必要があります。 例えば、 親に生活費として毎月仕送りしている場合 所得控除 ...

相続税対策

減資したら節税になる?

2020/4/20  

減資による節税 減資による節税、ズバリそれは減資をすることにより『均等割』を減少させることです。 ただし、効果が大きいのは、資本金等の額が1,000万円超の中小企業に限られます。。。 これは、何を言っ ...

Copyright© 資産運用・税金に関するBLOG , 2021 All Rights Reserved.