ブログ

プライベートバンカーについて

資産運用の伴走者

プライベートバンカーは一般的には金融機関に勤めている人を指す場合が多い

大手金融機関にはプライベートバンカー部門もあることから馴染み深いだろう

金融機関のプライベートバンカーの方々は本当に人間性が素晴らしいと思う

これについては僕自身も学ぶべき事が多くある

なかにはプライベートバンカーはけしからんという人もいるが、それはどの業界でも言えることであり、単に素晴らしいプライベートバンカーの人に出会っていなかっただけだろうと思う

僕自身、プライベートバンカーは金融機関に勤めている人だけではなくてもいいと思っている

プライベートバンカーは資産運用の伴走者であると同時に人生の伴走者でもあるというのが僕の考えで、僕自身プライベートバンカーとして活動している

プライベートバンカーとして大事なこと

プライベートバンカーとして大事なこと

それは、お金や資産について、

顧客のことを誰よりも深く理解し、顧客にとって最善の方法を提供すること

これに尽きると思う

手法は色々ある

会社経営者だったら、相続対策、事業承継対策、株価対策、会社の成長のためにアドバイスすることも必要だし

投資の見直し、不動産の活用など幅広い

どれも部分最適ではなく、全体最適な解を導かなければいけないことがとても大事だと思う

顧客が本当に必要としていることは何か?

もし顧客自身が気付いていない場合は、その気付きを与えていくのもプライベートバンカーとして大事なことだと思う

-ブログ

Copyright© HFAブログ , 2022 All Rights Reserved.