不動産鑑定評価で価格を求める手法は、以下の3つがあります。

①原価法(積算価格)

対象不動産の再調達原価(その時点で土地を造成したり、建物を建築したりする場合の価格)を求めて、この再調達原価について減価修正(経過年数による物理的減価など)を行って求める手法。

 

②取引事例比較法(比準価格)

多数の取引事例を収集して適切な選択を行い、適宜、これらの取引価格に事情補正、時点修正を施し、地域要因、個別的要因の比較などを行って求められた価格を比較考慮して求める手法

 

③収益還元法(収益価格)

対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純利益の現在価値の総和により求める手法

収益価格=一定期間の純収益÷還元利回り(直接還元法)

この式からわかる通り、収益還元法の場合、純収益が同額でも還元利回りによって価格が大きく異なる。