セルフメディケーション税制は、日ごろから健康を自己管理している人が特定の市販薬を購入した際に所得控除が受けられる医療費控除の特例です。

特定の市販薬とは、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品および一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を指します。要は、普段から気軽に利用しているドラッグストアの市販薬だけで対象になるということです(レシートに記載があるものだけですが)。

通常の医療費控除は、医師の診察や治療にかかった費用、処方薬、通院時の交通費、薬局で購入した医薬品代など年間の医療費が世帯で10万円を超えなければ対象になりませんが、

セルフメディケーション税制ではスイッチOTC医薬品の年間購入金額が12,000円を超えた場合、12,000円を超えた部分の金額が控除の対象となり、所得税・住民税が減税されます。

注意点は、控除対象となるのは実際に支払った消費税込みの価格で、セール品であれば値引き後の金額になります。

また、健康への一定の取り組みを行っていることが必要ですので、特定健康診断(メタボ健診)、インフルエンザ等の予防接種、勤務先で実施する定期健康診断、市町村が実施するがん検診、保険者が実施する健康診断のいずれかを受けている必要があります。が、その際にかかった費用は控除の対象にはなりません。

このセルフメディケーション税制と医療費控除は同時に利用できないため、減税額をシュミレーションし、お得な方を選ぶことになります。