不動産用語と評価は色々あってややこしいですね。代表的なものをまとめてみました。

建物を建てる目的で土地を借りる権利を『借地権』といい、

この権利も相続財産となり、相続税の対象になります。

評価額の算出については、

土地の評価額(=路線価×面積)×借地権割合』です。

路線価と借地権割合は国税庁のホームページにあります。

それで、

  • 土地の貸し借りの際、賃料をもらう取引を『賃貸借』、
  • 賃料をもらわない、つまり無償の取引を『使用貸借』といいます。

ここで、

賃貸借の場合は借地権は発生しますが、

使用貸借の場合は借地権は発生しません!

また、

  • 自分で所有し、自分で使用している土地のことを自用地
  • 借地権がある(貸している)土地のことを貸宅地

⇒評価額は『自用地としての評価額ー借地権評価額

 

  • 貸家を建付けている土地のことを貸家建付地

⇒評価額は『自用地評価額ー自用地評価額×借地権割合×借家権割合

 

  • 建物を借りている人の権利を『借家権

⇒評価額は『建物評価額(固定資産税評価額)×借家権割合

 

  • アパートのような他人へ貸す目的の建物を『貸家

⇒評価額は『建物評価額(固定資産評価額)-借家権の評価額