お客さまの利益への貢献を続けるファイナンシャルアドバイザー・会計士 HFA日置会計事務所

資産運用

  • HOME »
  • 資産運用

 

『安定的な資産形成』

少子高齢化社会において、これからの年金があてにならない中、将来の資産をどのように運用していくかは、現在の日本における大きな課題です。

また、現在日本ではアメリカやイギリスに比べ、大半が預金として保有している傾向がありますが、預金として金融機関に預けるだけではわずかな利息しか付きません。そのため多くの富裕層の方々は、金融機関や証券会社の自社商品を購入する傾向が強いですが、自社商品しか取り扱わず、他社商品を取り扱わない時点で、果たしてそれが本当にベストな資産形成方法なのか疑問が残るところです。これは、どのような資産形成方法がいいのかを、独立した立場で全体的にコーディネートしてくれるアドバイザーがいないことが原因です。アメリカでは、すでに各家族において「医者、弁護士、ファイナンシャルアドバイザー」がいるように、ファイナンシャルアドバイザーの立ち位置はこれから非常に重要になってきます。

私日置大吾は、IFA(独立した立場の金融商品仲介業者)として会社財産と個人財産の両面からアドバイスさせて頂いております。現在、個人のお客さまは事業経営者の方々と多くのご縁を頂いております。これは、事業経営の状況を知っているからこそ、個人資産をどのように運用してくのがベストなのか、その最適解をアドバイスさせて頂くことができるのです。また、相続に関係する富裕層顧客の方々ともご縁を頂いており、それぞれの状況に応じた資産運用アドバイスや相続対策も含めてお付き合いさせて頂いております。

 

商号等:IFA(金融商品仲介業者) 日置大吾 近畿財務局長(金仲)第392号

所属金融商品取引業者:エース証券 近畿財務局長(金商)第6号

 

 

※FAX:06-7635-7237 TEL ⇒メールかFAXでお願いします。 営業電話が多いので電話番号は記載しておりません。
初めての方はメールかFAXでご連絡下さるようお願いします。

PAGETOP
Copyright © HFA 日置会計事務所 HFA株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.